定款(抜粋)

第1条

この法人は、特定非営利活動法人全国自死遺族総合支援センター、通称NPO法人

グリーフサポートリンク(Grief Support Link)という。

第2条 この法人は、主たる事務所を東京都千代田区内に置き、必要に応じて支部を置くことができる。
第3条

この法人は、自殺等で大切な人を亡くした人が、偏見にさらされることなく悲しみと向き合い、必要かつ適切な支援を受けながら、死別の痛みから回復し、その人らしい生き方を再構築できるように、「官と民」、「心理的支援と法的支援」、「遺族個々人と地域社会」など、これまで分断されてきた様々な要素を有機的につなぎなおして、総合的な遺族支援の拡充をはかり、もって誰にとっても生き心地のよい社会の実現に寄与することを目的とする。

第4条

この法人は、前項の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

(1) 人権の擁護又は平和の推進を図る活動

(2) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動

(3) 社会教育の推進を図る活動

(4) まちづくりの推進を図る活動

(5) 以上の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

第5条

この法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係わる事業として次の事業を行う。

(1) 遺族支援事業

(2) ネットワーク構築事業

(3) 普及啓発事業

(4) 人材育成事業

(5) 政策等提言事業

(6) その他、上記の目的を達成するために必要な事業

第6条 この法人の会員は、次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
  1. 正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体
  2. 賛助会員 この法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体
第7条 正会員あるいは賛助会員として入会しようとするものは、所定の入会申込書により理事長に申し込むものとし、理事長は正当な理由がない限り入会を認めなければならない。
第8条 会員は、理事会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。
第12条 既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。
第21条 この法人の会議は、総会及び理事会とし、総会は通常総会及び臨時総会の2種とする。
第22条 総会は、正会員をもって構成する。
2 理事会は、理事をもって構成する。
第23条

総会は、以下の事項について議決する。

(1)定款の変更
(2)解散
(3)合併
(4)会員の除名
(5)監事の選任、解任、役員の職務及び報酬
(6)事業報告及び収支決算
(7)解散時における残余財産の帰属
(8)その他運営に関する重要事項

2 理事会は、この定款に別に定める事項のほか、次の事項について議決する。
(1)総会に付すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)その他この法人の運営に関する必要な事項